【最新版】リプロスキンが届くまでの日数/発送方法/郵便局留めの方法

【最新版】リプロスキンが届くまでの日数/発送方法/郵便局留めの方法

 

以前はヤマト運輸がリプロスキンの配送業務を行っていたのですが2017年10月からは日本郵便に変更され配送を担当しています。

 

 

それによって発送日や配送してもらえる時間帯も少し変わりました。

 

 

ここでは

  • リプロスキン届くまで最短何日なのか?
  • 発送日や配達してもらえる時間帯
  • 郵便局留めのやり方

 

これらをまとめてみたので参考にしてみてください。

 

※窓口受け取りの裏技あり

 

 

【関連記事】リプロスキンは代引き可能?手数料は?

 

リプロスキンは何日で届く?配達時間帯

 

 

発送日
日曜日〜木曜日 23:59までの注文
→翌営業日発送 

 

金曜日〜土曜日の注文
→週明け 営業日発送

 

祝日の注文
→休み明け 営業日発送

 

休業日 
 土日祝、年末年始やお盆期間中は発送業務はお休み

 

 

もう少し分かりやすく説明すると、リプロスキンの販売元の株式会社ピカイチは土・日・祝日が休業日のようです。

 

基本的には注文をしたらその翌日が発送なのですが、金曜日の次の日は土曜日(休業日)なので発送されるのが月曜日になってしまいます。

 

 

到着最短日
本州や九州の場合は、配達会社の手違いがなければ発送日から通常1〜2日で届きます。

 

北海道、沖縄、離島の場合は発送日から5日程度かかるようです。

 

 

また、天候や交通情報等によっては到着予定がずれ込んでしまうこともあるようなので余裕をもって注文するのがおすすめです。

 

到着時間帯
こちらの希望に合わせて、リプロスキンの注文フォームから事前に配達時間を指定することが出来ます。

 

・午前中
・12:00〜14:00頃
・14:00〜16:00頃
・16:00〜18:00頃
・18:00〜20:00頃
・20:00〜21:00頃

 

こちらの時間も郵便局側の目安なので、配達の手違いや配送の遅れなどによっては前後したりする場合もあります。

 

一部の地域では時間指定が出来ない場合もあります。

 

受け取りが出来なかった場合
万が一、荷物の受け取りが出来なかった場合は自宅のポストなどに不在連絡票が投函されます。

 

2018年3月1日から日本郵便は再配達を受取人(こちら)側から指定しなければ再度配達をしない制度になったため

 

受け取りまでの保管期限(7日間)が過ぎてしまうと差出人である株式会社ピカイチに荷物を送り返されてしまうので注意が必要です。

 

荷物の再配達を依頼する

 

 

再度自宅まで届けてもらいたい場合は再配達の受付をすれば後日また好きな日程と時間に再配達をしてもらう事が出来ます。

 

※郵便局での保管期間は7日間なので、それまでに再配達の依頼をしなければいけません。

 

再配達依頼の方法には

 

荷物の配達ドライバーに直接電話(20時まで、電話番号が記載されている場合のみ)
パソコンやスマートフォンからインターネットでの手続き
フリーダイヤルの自動音声ガイダンスによる受付(24時間対応)
付属のハガキやFAXでの受付

 

などいくつかあるので不在連絡票に書かれている指示に従って再配達の受付をします。

 

 

もし再配達をしてもらいたいけど都合がつく日が先になってしまう場合でも再配達の受付さえ済ませれば保管期間をある程度延長してもらえます。

 

 

郵便局の窓口まで荷物を取りに行く

荷物が保管されている郵便局まで取りに行けば荷物を受け取ることが出来ます。

 

その場合はいくつか注意事項があります。

 

  1. 事前連絡が必要
  2. 受け取り手続きに必要なものを持参する

 

まず、不在連絡票を受けとったその日のうちに不在票の裏面に書かれてあるお問い合わせの電話番号に電話をします。

 

こちらの電話の受付時間は20時までです。
どうしても間に合いそうにない場合は郵便局のお客様サービス相談センター(22時まで)に電話をしてみてみるのも手です。

 

電話をかけて繋がったら窓口で受け取りたい旨を伝えればOKです。

 

保管先の郵便局窓口に行くときに

 

  • 不在連絡票
  • 印鑑(なければ署名でも可)
  • 本人確認書類

 

 

本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(個人番号カード)、パスポート等で、顔写真付でなくても大丈夫です。

 

※マイナンバー(個人番号)通知カードは不可です!

 

ちなみにちょっとした裏技ですがサイト主が窓口へ受け取りに行った際、不在票がなくても荷物の追跡番号と住所が分かる身分証だけでも受け取りが出来ました。

 

 

最近は追跡サービスアプリなども普及しているのでチェックも簡単ですし

 

「不在時に届いたのは分かったけど仕事帰りに荷物を取りに行きたい…」

 

という時にはとっても便利な裏技です(笑)

 

 

〇〇するだけ!郵便局留めの方法とは?

 

 

「親に黙ってバイト代から買っちゃった!」

 

「仕事の時間が不定期で家を留守にしがち…」

 

「『またネット通販で買い物?』と旦那に怒られるかも…?」

 

「自分で取りに行ったほうが早くゲットできそう!」

 

 

こんな時に便利なのが郵便局留めです。

 

 

郵便局留めとは?
差出人が宛先として書いた郵便局で荷物が受け取れる配達システムです。
自宅の最寄り郵便局だけでなく職場の近くの郵便局も指定でき、手数料などもかからないのでとっても便利ですよ!

 

 

その方法も簡単で、基本的にはリプロスキンを注文するときに

 

「配送先ご住所」の末尾に「●●●郵便局留め」

 

と入力するだけです。(●●●の部分に受け取りに行きたい郵便局の局名を入力)

 

 

また、郵便局留めは全国どこの郵便局でも受け取りが可能なので、リプロスキンの購入手続きフォームで入力した届け先住所が自宅になっている場合でも

 

その住所の末尾に荷物を受け取りたい郵便局の局名を書けば指定された郵便局に荷物が届くので、

 

職場の最寄り郵便局を入力すれば自宅からどんなに離れている郵便局でも受け取りは可能です。

 

 

郵便局留めをした荷物を受け取る際には

 

  • 印鑑(なければ署名でも可)
  • 本人確認書類(免許証、保険証、マイナンバーカードや住基カード等)

 

これらの必要書類を持参して郵便局の窓口に行けば簡単に荷物を受け取ることが出来ます。