リプロスキンの防腐剤「フェノキシエタノール」って大丈夫なの?

リプロスキンの防腐剤「フェノキシエタノール」って大丈夫なの?

 

ニキビ肌の人にとっては大敵のエタノール(アルコールの一種)ですが、リプロスキンの成分を見ていると「フェノキシエタノール」の文字が・・・・

 

これってホントに大丈夫なの?!防腐剤じゃなかったっけ?!

 

そんな疑問を解決すべく、エタノールやフェノキシエタノール、防腐剤について調べてみました!

 

(果たしてリプロスキンはホントに安全なのか・・・・!?)

 

 

【関連記事】リプロスキンの安全性は?成分一覧

 

エタノールやフェノキシエタノールでニキビは悪化しないのか?

 

エタノールとニキビ

 

エタノールは「エチルアルコール」とも呼ばれているアルコールの一種です。

 

アルコールと言えば傷口の消毒やお掃除のときに除菌にされるなど、私たちの普段の生活でも身近な成分ですよね。

 

 

このエタノールもアルコールと同様に殺菌作用が強く、化粧品にもアクネ菌などの除菌や防腐剤として、また、毛穴の引き締めや爽快感を出すためにも使われています。

 

 

エタノールのメリットまとめ

  • アクネ菌などのを殺菌してくれる
  • 使用感やさっぱりする
  • 化粧品が長持ちする
  • 安価な成分なので化粧品が安く買える

 

 

アクネ菌をやっつけたり毛穴を引き締めると聞くと良い作用が思い浮かびますが、エタノールは刺激が強く、肌荒れを起こしてしまったり、逆にニキビを悪化させてしまったりすることもあります。

 

また、敏感肌の人やアルコールにアレルギーのある人にとっては極力避けたい成分です。

 

エタノールのデメリットまとめ

  • 揮発性が高いので肌が乾燥しやすい
  • 肌がピリピリしたり炎症することがある
  • ニキビを悪化させる場合もある
  • 強い刺激が別の肌トラブルを招くこともある

 

 

ニキビ肌やニキビ跡がある肌は健康な状態の肌と違って思っているより敏感肌でもあり、やはりエタノールが使われた化粧品はなるべく使わない方が安心です。

 

 

リプロスキンにも入っているフェノキシエタノールとは?

 

エタノールとフェノキシエタノールは名前は同じように見えますが分子構造も違うため全くの別物です。

 

そのため、アルコール不使用と書かれた化粧品にフェノキシエタノールが配合されていても間違いではありませんし、エタノールのような強い刺激がないため低刺激な成分です。

 

ここで、なぜ「刺激がない」と断言せずに敢えて「低刺激」と言ったのかというとエタノールやパラベンのような殺菌成分よりかは殺菌力は劣りますがフェノキシエタノールにも殺菌や防腐効果はあるからなんです。

 

 

そしてここでポイントになってくるのが

 

「どのくらいフェノキシエタノールが含まれているのか?」

 

 

低刺激と言えど、フェノキシエタノールが多めに配合されていればその分刺激も強くなってしまうため

 

化粧品の成分表のどのくらいの位置にあるかをチェックすることである程度の刺激の強さが分かります。

 

 

成分表は上から順に配合量の多いものが並んでいるので、フェノキシエタノールが成分表の上の方に表示をされていたらエタノールと同様に刺激を感じることがあるので注意が必要です。

 

 

エタノール、パラベン、フェノキシエタノールのように殺菌作用や防腐作用がある成分は配合の割合である程度の目的の検討をつけることが出来ます。

 

成分表の上の方に表示されている場合

 

 →殺菌作用・使用感(さっぱり、爽快感を出す)など

 

成分表の下の方に表示されている場合

 

 →主に防腐剤として

 

エタノールやパラベン、フェノキシエタノールの成分だけでなくこれらの配合量の割合も踏まえて成分表をチェックすると刺激が強いか弱いかの目安になります。

 

 

リプロスキンに入ってるフェノキシエタノールの配合量

 

●リプロスキンの成分表●
有効成分:ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、 グリチルリチン酸ジカリウム
その他成分:グリシルグリシン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、シュガースクワラン、N-ラウロイルサルコシンイソプロピル、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、コラーゲン・トリペプチドF、加水分解ヒアルロン酸、D-マンニット、ホエイ(2)、グルコン酸ナトリウム、コメヌカエキス、酵母エキス(3)、海藻エキス(1)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水溶性コラーゲン(F)、ゼニアオイエキス、アマチャヅルエキス、アロエエキス(2)、デキストリン、ワルテリアインディカ葉エキス、ダイズエキス、アーティチョークエキス、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、フェルラ酸、フェノキシエタノール、香料

 

 

リプロスキンに配合されているフェノキシエタノールは下から数えて2番目、つまり成分表の中でも下の方に表示されているため比較的刺激が弱いのが分かります。

 

また、防腐剤としての配合のようなので防腐剤不使用の化粧品に比べて比較的長持ちしますし、冷蔵庫に入れたりする心配もありません。

 

そもそも化粧品の冷蔵庫保管はあまり良くないって知っていますか?
詳しくはこちらの記事でも解説しています。

 

 

防腐剤は悪い成分?

 

リプロスキンにも防腐剤の役目として含まれているフェノキシエタノールですが

 

「防腐剤って悪い成分なんじゃないの?」

 

って気になりませんでしたか?

 

 

結論から言うと、防腐剤は悪い成分ではありません。

 

 

その理由というのも、商品に含まれる天然成分や良いエキス=栄養が豊富なので雑菌にとっては繁殖するには好条件になり化粧品が劣化し、最悪腐ってしまうんですね。

 

元々化粧品は薬機法(旧名:薬事法)で定められている規定に「3年は品質を保たなければいけない」という項目があります。

 

防腐剤不使用と書かれている化粧品(乾燥しているファンデなどの粉物は別)で、製造日や消費期限が書かれていない商品は正直どれくらいの期間品質が保てるのか疑問なんです。

 

 

また、防腐剤フリーの化粧品は品質を劣化させないために冷蔵庫に保管したりと管理が難しかったり、空気に触れさせないために真空を保つボトルに入れるなどの開発技術の分コストも高くなってしまいます。

 

(夏場の常温保存なんて悲惨・・・)

 

しかも品質の劣化というのが、成分の効果がなくなったただの水になってくれるならまだしも

 

雑菌の繁殖によって腐ってしまうのでバイ菌だらけの水を肌に塗りたくることになってしまいます。

 

 

使い方や保存状況によっては防腐しないと、菌が繁殖してしまいます。

雑菌がいっぱいの化粧品を塗るくらいなら、パラベン入りの方が本当にマシです。

引用元:エトヴォス美容コラム「化粧品の防腐剤フリーの裏側」

 

 

(ミネラルファンデで有名なエトヴォスさえも断言しちゃってますね・・・)

 

 

化粧品ではないですが、眼科などの点眼薬も市販の目薬と違い防腐剤が入っていないので、1週間程度で使い切るように言われます。

 

化粧品で使用期限が短いのはコスパ的にも良くないし、なによりバイ菌はニキビにとって1番良くないので防腐剤不使用の化粧品というのもメリットにみえてデメリットにもなりえるので注意が必要です。

 

 

まとめ

管理人も一時期はボタニカル化粧品などにはまったり、刺激になりえる成分を嫌ってきたので、リプロスキンの成分を見た時も正直

 

「フェノキシエタノールって・・・全然成分良くないじゃん!」

 

って思ってしまいました(^^;)

 

でも正しい知識を持ったら防腐剤に対しての考え方が変わりました。

 

リプロスキンだけではなく、今後の化粧品選びの参考になればうれしいです。