リプロスキンはクレーター肌には効果なし?買う前に知るべき3つの事

リプロスキンはクレーター肌には効果なし?買う前に知るべき3つの事

 

ネットでリプロスキンの口コミを見ていると「凸凹が薄くなってきた!」という口コミをしている人もいれば「クレーターには効果がなかった」という口コミをしている人がいて

 

「本当はどっちだろう?」

 

そんな疑問が頭に浮かんだりしませんか?

 

また、「今あるニキビをクレーターにしたくない」という理由でリプロスキンの購入を検討している人も多いと思います。

 

 

この記事ではリプロスキンのクレーター肌やデコボコ肌への効果を検証し購入を失敗しないための3つのポイントにまとめてみました。

 

この3つのポイントはリプロスキンを購入するかどうかの1つの目安になると思うので是非参考にしてみてください。

 

【関連記事】リプロスキンはニキビ跡に効果ある?

 

リプロスキンはクレーター肌には効果があるのか?

 

リプロスキンがニキビあとケアに期待できる理由

 

リプロスキンがニキビのあとのケアに強いと言われている理由は成分と独自技術、主にこの2つにあります。

 

リプロスキンの成分

リプロスキンは現在進行形でニキビがある人や敏感肌の人でも使えるように

 

  • パラベン
  • アルコール
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • 合成香料
  • 合成着色料

 

これら6つの添加物を含んでいません。

 

●リプロスキンの全成分●
有効成分/ ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、 グリチルリチン酸ジカリウム、 その他成分/ グリシルグリシン、 1,3-ブチレングリコール、 1,2-ペンタンジオール、 濃グリセリン、 ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、 ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、 シュガースクワラン、 N-ラウロイルサルコシンイソプロピル、 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、 コラーゲン・トリペプチド F、 加水分解ヒアルロン酸、 D-マンニット、 ホエイ(2)、 グルコン酸ナトリウム、 コメヌカエキス、 酵母エキス(3)、 海藻エキス(1)、 コメヌカスフィンゴ糖脂質、 水溶性コラーゲン(F)、 ゼニアオイエキス、 アマチャヅルエキス、 アロエエキス(2)、 デキストリン、 ワルテリアインディカ葉エキス、 ダイズエキス、 アーティチョークエキス、 水素添加卵黄レシチン、 卵黄リゾホスファチジルコリン、 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、 ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、 デカメチルシクロペンタシロキサン、 トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、 ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、 クエン酸、 クエン酸ナトリウム、 水酸化ナトリウム、 フェルラ酸、 フェノキシエタノール、 香料

 

注目したいのはリプロスキンにはニキビあとのケアに最適な抗炎症作用や肌のターンオーバーを促すといわれている成分が入っていること。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムとは?

にきびケアだけではなくUVケアやヘアケア、風邪薬など幅広く使われている漢方の生薬「甘草」から採れる成分です。
漢方の原料にもなっている「甘草」の含まれている自然由来の成分なので肌にやさしく、皮膚の炎症を抑え、ニキビケアや肌荒れなどのケアを目的に配合されたりします。

 

ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-Fとは?

豚の胎盤(プラセンタ)から抽出したエキスでメラニン生成の抑制のデータも立証された動物性由来の成分です。
プラセンタエキスは美白や保湿効果だけではなく、血流を向上させることで新陳代謝(ターンオーバー)を促し、自己免疫力をアップさせ健康な細胞を生成するなど、様々な美容効果が期待できます。

 

どちらの成分もニキビケアのアプローチに特化した天然成分のようなので、ニキビによる肌トラブルへの改善を期待して配合されてた安心して使えるニキビ撃退成分ですね!

 

 

このようにリプロスキンはニキビの悩みにアプローチしつつ肌のターンオーバーを促しながら肌環境を整えるための、いわば万能型スキンケア商品ともいえます。

 

リプロスキンの技術

クレーター肌の人に注目してもらいたいのは成分だけではなく、リプロスキン独自の「ナノBテクノロジー3.0」という浸透技術です。

 

ナノBテクノロジー3.0特徴は「ナノ乳化」と「ブースター」

 

ナノ乳化とは

ニキビ跡ケアのために配合されている有効成分を100ナノ以下という非常に小さなサイズにすることで肌の奥まで浸透させる技術

 

ブースターとは

肌になじみにくい水溶性成分を肌なじみのいい油性成分と一緒に結合させ本来だったら浸透しにくい成分を肌の奥まで浸透させることができる技術

 

 

リプロスキンの公式サイトでもその独自技術について記載されているのですが、ここで注目したいのが、肌の奥=角質層ということです。

 

角質層とは?

肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構造されていいます。
表皮の表面は「皮脂膜」で覆われており、順に「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」という層で構成されています。

 

この「ナノBテクノロジー3.0」が角質層の悩みにアプローチができるようですが、はたして陥没してしまった肌にも効果が期待できるのでしょうか?

 

それを知るにはクレーターの種類や、凸凹と陥没してしまった皮膚組織の状態を知ることでリプロスキンの効果が期待できるのかが分かります。

 

クレーターにも種類があるって知ってた?タイプ別でみる肌の状態

 

元々、クレーターは「陥凹性瘢痕」と言われており、まるで月面のクレーターのようなニキビ跡はニキビの炎症が繰り返し強く起こって悪化し皮膚組織が傷ついてしまった場合に発症します。

 

また、ニキビにもタイプがあるように、クレーターにも様々な種類があることを知っていますか?

 

ひと言でデコボコ肌と言ってもその種類は様々でそれぞれで皮膚組織の状態が違うのが特徴です。

 

ローリングタイプ

なだらかに陥没した開口部の直径は4mm以上で、断面はなだらかに陥没し半円状なのが特徴。
ケロイド体質の人に発生しやすいタイプで、広範囲に広がってしまっているため目立ちやすい。

 

ボックスタイプ

開口部の直径は4mm以上の半円状の陥没の底が平らになっているのが特徴。
陥没の深さには個体差があり、ローリングタイプ同様目立ちやすいが 陥没が浅い場合は比較的改善しやすい。

 

アイスピックタイプ

その名の通り、まるでアイスピックで皮膚を突き刺したかのようになっており、皮膚の奥にいくほど先が細くなった形状が特徴。
皮膚の表面の開口部は2mm前後なのでそれほど大きくはないが、症状がひどい場合には陥没が真皮層の下にまで深く達していることがあり、他の2つのタイプに比べてなかなか治りにくいとされている。

 

これら3つのタイプのクレーターの皮膚組織の状態を図を見て、先ほどのリプロスキンのナノBテクノロジー3.0技術の話を思い出してみてください。

 

 

・・・もうお分かりですよね?

 

 

リプロスキンの独自技術であるナノBテクノロジー3.0は肌の奥(角質層)までは届いても、その角質層の下にある真皮までは届かないのです。

 

仮にリプロスキンを使ってニキビケアをして新しく出来るクレーターの予防が出来たとしても、今現在の肌の状態がクレーター状になってしまっている場合はリプロスキンだけではなく、どんなにニキビケアに特化した化粧品や市販の医薬部外品を使用しても残念ながら治すことが出来ません。

 

陥没肌というのは基本的に真皮までとどいてしまったダメージなのでスキンケアだけではどうしても完治させることが出来ないのです。

 

なのでクレーターや陥没肌の悩みは基本的に美容皮膚科などで行われているケミカルピーリングやレーザー治療などの専門の治療法に任せるのがクレータ肌を改善させる確実な方法になります。

 

 

どうしても自宅で手軽にクレーター肌のケアをしたいという人は美容皮膚科やクリニックなどでも治療法としてとして使われているダーマローラーやダーマペン(スタンプ)を試してみるという方法もあります。

 

ダーマローラーとは?
極細の医療用の針がたくさんついたローラーを肌の上で転がして、目に見えないほど小さな穴を無数に開けてわざと肌に刺激や炎症を起こさせます。
人間が持っている自然治癒力で肌の再生を促し、ハリのある滑らかな肌へと導くという治療をするための専用ローラーです。

 

▼ダーマローラー▼


 

▼ダーマスタンプ▼


 

ダーマローラーやダーマペン(スタンプ)は比較的リーズナブルな反面、妊娠中やアトピー肌の人がの使用が禁止されていたり、施術後のケアやダウンタイム中のケア、副作用についてなどのある程度の正しい知識も必要になるので購入前には注意が必要です。

 

あなたの肌、もしかしたらクレーターじゃないかも?!

 

リプロスキンや化粧品、市販薬ではクレーターが治らない理由はわかりましたが

 

ではなぜリプロスキンの口コミに「クレーターが薄くなった!」という声があるのでしょうか?

 

良い口コミがあると、科学的には効果がなくても「もしかしたら治るかも・・・!」と期待をしてしまいますよね。

 

ここでは効果を感じた人とそうでない人の違いを検証してみました!

 

クレーター肌は思い込みだった・・・・!?

 

アットコスメや知恵袋に書き込まれたリプロスキンの口コミは「どのニキビ跡に対してしようしたのか?」や「どれくらい試したか?」などは詳しく書かれているものの

 

肝心の「どれくらいの程度の状態なのか」「クレーターの種類が何なのか?」という事までは書かれていません。

 

リプロスキン使用者や愛用者で「クレーターが薄くなってきた!」「デコボコ肌が改善された!」という口コミの人たちに考えられることは

 

  1. ダメージが真皮まで到達する前のクレーター状のニキビ跡だった
  2. そもそもクレーター肌ではなく「毛穴の開き」によるデコボコ肌だった

 

この2つのパターンが考えられます。

 

1の場合は真皮まで陥没する前の段階の比較的軽度な状態のニキビ跡の人なら角質層までアプローチするリプロスキンを使って効果を実感するというのもあり得る話ですよね。

 

2つめの「クレーターではなく毛穴の開きだった」と言うのは毛穴が開いた状態がデコボコ肌やクレーターのように見え、勘違いをしていたのかもしれないということです。

 

しかし、「ただの毛穴の開き」といっても油断は禁物です。

 

ニキビによる毛穴の炎症によって毛穴の表面が塞がらなくなることもあり、繰り返すニキビによって毛穴の開きが悪化し、最悪の場合はそのままクレーターになってしまうこともあるそうです。

 

ニキビが出来るまでのプロセスのおさらい

 

また、ニキビの原因のアクネ菌は健康な状態の肌の人にもあり、今はニキビやクレーターがない状態でも毛穴の開きや肌の環境次第でクレーター肌になってしまう可能性は誰にでもあり得る話なのでクレーター肌にならないためにスキンケアで予防をすることが大事です。

 

リプロスキンはクレーター肌の予防になる?

 

クレーター肌の原因のニキビや毛穴の予防に必要なスキンケアのポイントは

 

  1. クレンジングや洗顔で毛穴の汚れをしっかり落とす
  2. スキンケア化粧品で保湿で乾燥を防ぐ

 

@クレンジングや洗顔で毛穴の汚れをしっかり落とす

何といってもまずはニキビを作らないということが1番重要なポイントです。

 

そのためにはニキビの原因となる古い角質や肌や毛穴の汚れを落とすことが大切になってきます。

 

ただし、汚れを落とすことに夢中になりすぎて顔をゴシゴシと洗ったり、1日に何度も洗顔をするのは肌の摩擦によるダメージを増やしたり必要な油分まで落とすことになるので厳禁!

 

過度な洗顔料の使用は控え肌の摩擦を最小限に抑えるために泡立ちのいい洗顔料を選ぶのがポイントです。

 

また、日焼け止めを塗った日や女性でメイクをする人はクレンジングで汚れをきちんと落としましょう。

 

Aスキンケア化粧品で保湿で乾燥を防ぐ

肌のべたつきが気になってスキンケアを化粧水だけで済ませている人もいますが保湿が十分にできず乾燥やインナードライの原因になります。

 

肌の乾燥は過度な皮脂を分泌させてしまうだけではなく、毛穴の周りの皮膚がだんだんと硬くなって毛穴が塞がってしまい、その結果皮脂や毛穴汚れや詰まってニキビが出来てしまうという悪循環を招いてしまいます。

 

肌に潤いを与えることは自分の持っている肌の力を高め肌質改善をすることに繋がり、結果的にニキビ予防ができるのです。

 

このポイントの観点からいけば、リプロスキン独自技術のナノBテクノロジー3.0の特性を活かしてリプロスキンをブースター化粧水としての使用し、さらに毛穴の開きやニキビ予防に特化したスキンケアをすることでクレーター肌を予防する効果的なスキンケアが出来るとも言えます。

 

また、リプロスキンのスタッフさんはみんなスキンケアアドバイザーという日本スキンケア協会認定資格を取得しているそうです。

 

 

手持ちのスキンケア化粧品との相性の悩みにも答えてくれるので専門知識を持った人に相談するとニキビやクレーターを予防するための効果的なスキンケア法のアドバイスを貰えるかもしれません。

 

 

まとめ:リプロスキンを買う前に知っておきたい3つのこと

 

クレーター肌やデコボコ肌はニキビあとの中でも特に悩みが深く、リプロスキンを試してみようか悩んでいる人は多いと思います。

 

  • クレーター肌には効果が期待できないということ
  • 自分の肌の状態が本当にクレーターなのかをもう一度チェックすること
  • デコボコ肌やクレーター肌にならないための予防としてなら使えること

 

この3つのポイントはリプロスキンを購入するかどうかの1つの目安になると思うので是非参考にしてみてください。

 

 

>>【関連】リプロスキンの口コミの記事はこちら