【初めてのリプロスキン】生理前に使うな!!タイミングが重要だッ!!

【初めてのリプロスキン】生理前に使うな!!タイミングが重要だッ!!

ニキビ跡のお肌の味方として芸能人・モデルにも愛用されている次世代のニキビケアブースターローションリプロスキン

 

初めてリプロスキンを使うあなた・・いったいいつから使い始めればいいのでしょうか?

 

女性のお肌は男性と違い生理前生理後などの生理周期とともに変わっていくので生理の時期によりあまり効果が実感できなかった・・なんてことも。

 

はたして、女性の身体のメカニズムを考慮した効果的に化粧品を変えるタイミングとは?!

 

 

リプロスキンは生理前に使わない方がいいってホント?

 

結論からいうと、すでにリプロスキンをしようしている人であれば生理前でも使用しても大丈夫ですがこれから使い始めようと思っている人には生理前にリプロスキンを使用するのはおすすめ出来ません。

 

その理由を知るにはまず生理周期によるホルモンバランスとお肌の関係を知っておく必要があります。

 

生理周期のホルモンバランスの仕組み

女性ホルモンはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の二種類があり分泌料の数値の変化によりお肌の状態が決定されていきます。

 

 

エストロゲンがもたらすお肌への効用

  • 肌に潤いを与える
  • 艶やかな肌を持続する
  • コラーゲンの生成補助に役立つ

 

プロゲステロンがもたらすお肌への効用

  • メラニン形成の手助けをする
  • 皮脂の形成を活発にさせる

 

以下が生理周期によるホルモンのバランスです。

 

生理後から排卵までの期間=【卵抱期】
この時期はエストロゲンの分泌は多く、プロゲステロンの分泌は少ない。

 

 

排卵から生理が始まるまでの期間=【黄体期】
エストロゲンの分泌は少なく、プロゲステロンの分泌は多い。

 

 

生理中の期間=【月経期】
エストロゲン分泌は少なく、プロゲステロンの分泌もまた少ない。

 

 

生理周期とお肌の関係性

それでは、生理周期とお肌の関係について見ていきましょう。

 

  • 卵胞期のお肌の状態

お肌が潤い化粧ノリが良く、肌トラブルが減少するのでお肌が綺麗になります。お肌の状態が三期の中では最も健康的。

 

卵抱期はエストロゲンの分泌料がグイっと増量するのでお肌の調子も良くなる傾向にあるようです。

 

  • 黄体期のお肌の状態

肌が荒れやすく、吹き出物・ニキビができやすい時期です。普段のスキンケア用品・化粧品が合わないと感じたり、お肌がカサカサ乾燥しやすいです。

 

黄体期になるとエストロゲンの分泌がガクンと減少し、交代にプロゲストロンの分泌が多くなるのでお肌の調子も右肩下がりの傾向になってしまいます。

 

さらに月経期になるとお肌はエストロゲンの分泌量も少なければ、生理によって血行不良が起きる可能性がありお肌への栄養供給も悪く・・と状態があまり良くないというこがわかりました。

 

 

リプロスキンを初めるならどのタイミングがベスト?

 

ホルモンバランスとお肌の変化を考慮したらリプロスキンを使い始めるには【卵抱期】のタイミングが一番ベストですね!!

 

先ほどの話のようにエストロゲンが優位な状態だからです。

 

 

月経周期によるお肌の状態を考えると調子を良くしてくれるエストロゲンの分泌料が少ない時期は圧倒的に不向きなのがわかりますよね。

 

このことから、リプロスキンだけでなく全ての化粧品は生理前に使用しはじめるのは良くないということがわかります。生理が終わってから排卵までの時期である卵胞期にきちんとパッチテストを行った上で試すようにしましょう。

 

生理前・生理中にリプロスキンを使っちゃえ!!

 

リプロスキンの効果をたしかめよう!!ってときに生理前・生理中に使うとしましょう。

 

もし赤らみ・肌荒れ・があらわれた場合それがホルモンバランスを崩したのか・化粧水を変えたからなのか原因がわからなくなっちゃうんですよね。

 

好転反応・抗体反応・副作用などいろんな要因によりどの化粧品でも合う・合わないというのはあります。

 

それを判断するためにもなるべく【卵抱期】の使用をおすすめします。