リプロスキンローションは付け方・塗り方ですべてが決まる!

リプロスキンローションは付け方・塗り方ですべてが決まる!

リプロスキンローションはニキビ跡やクレーター肌に悩む人にも評判がいいスキンケア化粧水です。

 

今回は効果やコスパにも影響するリプロスキン付け方塗り方についてまとめてみました。

 

効果的な使い方が知りたい人、コストを少しでも下げたいと思っている人は参考にしてみてください。

 

 

リプロスキンの効果的な付け方は手のひら?コットン?

 

あなたはいつも化粧水を使用する時、手で付けますか?コットンで付けますか?

 

この化粧水の付け方の議論いまだに双方決着が付いていませんが、それは両方にメリット・デメリットがあるからなんですね。

 

化粧水を手のひらで付けるメリット

  • コットンより肌への刺激が少ない
  • 直接皮膚に触れることで肌の変化を感じやすい
  • 化粧水を余すことなく使うことが出来る

 

化粧水を手のひらで付けるデメリット

  • 清潔な手のひらで付けなければ雑菌が付いてしまう
  • 塗りムラが出来てしまう

 

化粧水をコットンで付けるメリット

  • 肌に成分をまんべんなく付けることが出来る
  • コットンパックが出来る
  • 手で付けるより清潔

 

化粧水をコットンで付けるデメリット

  • コットン代金がかかる
  • トラブル肌には刺激になることがある

 

しかし、スキンケアの目的によってはおすすめの付け方があります。

 

リプロスキンを使用している・または気になっている人にとっての悩みはニキビ跡やクレーター肌だと思いますが、ニキビが出来てしまっている場合の効果的な付け方は肌への摩擦が少なくて済む手のひらで塗る付け方です。

 

コットンを使用するとニキビや炎症を起こしているニキビ跡に刺激を与えてしまい、余計にニキビが出来たり炎症が悪化する場合があるのでコットン派の人は手のひらで付ける習慣を付けると効果的ですよ。

 

 

また、リプロスキンの最大のデメリットと言えば価格と答える人も多いと思いますが、コットンを使って付けると肌に付けきれなかった化粧水がコットンに残ってしまい化粧水の減りも早くなってしまいます。

 

お肌への負担やコストを下げるためにも手のひらでリプロスキンを付けるのがおすすめです。

 

リプロスキンを効果的に塗る方法

 

ニキビのためにもリプロスキンは手のひらで付けるのが良いですが、ただ塗り広げるよりも効果的な塗り方があります。

 

また、どんなに安全な有効成分や最新の独自技術を使っていても肝心の使い方を間違えていてはその効果も半減してしまいます。

 

ここではリプロスキンの基本の使い方や効果的な塗り方の流れをまとめてみました。

 

リプロスキンの使い方の基本

ステップ1

リプロスキンを適量(3〜5振り)を手に取り、肌に塗る前に手のひらで少し温める

ステップ2

顔につけたら、ゆっくりと優しく肌に押し当てるように手でプレスする。

肌への刺激になってしまうので間違っても擦り込むのはNG!

ステップ3

おでこや顎など、顔全体へしっかりリプロスキンを塗り染み込ませる。

同じ要領で数回繰り返すことで保湿作用が高まるそうです。

ステップ4

肌が手のひらに密着するように”もちっ”と潤ったら、上手にケアできたサイン。

リプロスキン化粧水の使用後は、保湿した潤いを守るために手持ちの化粧品でさらに保湿するとより効果的。

 

 

リプロスキンを効果的に使うポイント

ステップ1の時にリプロスキンを手のひらで温める

 

リプロスキンローションはお肌と同じくらいの温度にすることで最も浸透しやすくなるそうです。

 

冬場や冷え性の人であればリプロスキンをつける前に事前に手をぬるま湯などで温めておくとすぐに温まります。

 

 

そしてここでポイントになるのがしっかり温めようと長い時間手のひらに乗せたりして「温めすぎないこと」です。

 

リプロスキンは浸透力が抜群にいいので長時間手のひらに載せておくと有効成分が手に染み込んでいき効果が半減してしまうので要注意です。

 

また、どんな化粧品にも言えることですが、シリーズでライン使いするとより相乗効果が期待できますよ!

 

リプロスキンのパッチテストのやり方

 

リプロスキンだけに限ったことではありませんが、新しく化粧品を試す時にはパッチテストを行うのをおすすめします。

 

パッチテストはアレルギー反応の確認なので、アレルゲンに反応しやすい皮膚のやわらかい腕の内側で行います。

 

 

  1. 化粧品を腕の内側や二の腕の柔らかい部分に100円玉ほどを塗る
  2. リプロスキンのようなサラッとしたテクスチャの化粧水は絆創膏に染み込ませてしばらく貼ると簡単にパッチテストができます。

    洗顔料、石けん、シャンプーなどのパッチテスト方法は、

    1. 水で泡立てたものを塗布
    2. 1〜2分後に洗い流す
    3. ※時間が経つ前に異常を感じた場合はすぐに洗い流してください。

     

  3. 塗った部分の様子を見る
  4. 肌の敏感な人はパッチテストをしてしばらくすると肌に何らかの変化が現れます。
    中にはかぶれや痛みなどが生じる場合があるので塗った部分に異常が現れた場合は水やお湯で速やかに洗い流し、掛かりつけの皮膚科を受診することをおすすめします。

     

  5. 3日〜4日様子を観察する
  6. 自分では肌が強いと思っていても異常が現れる場合があるので3〜4日ほど様子を見てみます。
    この期間中は入浴はしても大丈夫ですが石鹸やボディーソープを付けてゴシゴシと擦らないようにしましょう。

     

    また、トラブル肌は思っている以上に敏感肌になっていることが多いので顔への使用が不安な方は顎と首の分かれ目の目立たない場所でもパッチテストをしてみると安心です。

 

化粧品の保存方法、あなたは間違っていない?

 

「(とくに夏場は)使用感がさっぱりする」

 

「毛穴を引き締めたい」

 

このような理由で化粧水を冷蔵庫に入れて冷やす人もいますがリプロスキンローションは冷蔵保存には向いていません。

 

これは殆どの基礎化粧品に言えることですが「化粧品の品質を保ちたい」「パラベンなどの防腐剤が入っていないから」という理由からスキンケア化粧品を冷蔵庫保管される方もいますが、一部の商品を除き間違った保存の仕方なので冷蔵庫に入れるのはおすすめしません。

 

 

元々化粧品は温度の変化に弱いものが多く、冷蔵庫などで冷やしたり常温に戻したりして温度の変化を起こすと商品の品質が落ちてしまう原因になってしまいます。

 

保存方法に「要冷蔵」と書かれた化粧品意外は冷蔵庫で保存・保管をするのは控えましょう。

 

 

リプロスキンローションの正しい保存方法

 

  • 常温保存する

リプロスキンローションも急激な温度の変化に弱いので冷蔵ではなく常温保存が適しています。

 

冷蔵庫以外でも、台所や窓際、暖房器具の近くなど温度の上がりやすい環境は成分や品質を劣化させてしまうのでなるべく避けるようにします。

 

また、効果的な使い方で「人肌程度の温度に温める」と言いましたが、電子レンジにかけるのは絶対にNGです!

 

  • 直射日光を避ける

直射日光には紫外線が含まれているので化粧品の成分を破壊してしまうことがあります。

 

 

余談ですが、化粧品によっては紫外線に極度に弱いものは特殊な瓶や容器に入っていることがあります。

 

旅行や外出先で使うために個別の保存容器に入れる人もいますが特殊加工された容器に入っている化粧品は携帯用の容器や別ボトルへの詰め替えは避けた方がいいです。

 

  • しっかり蓋をする

これは化粧品全般にも言えることですが、しっかり容器の蓋をしなければ外気に触れて成分が劣化したり変質や酸化を起こしてしまいます。

 

リプロスキンローションにはアルコールやエタノールが配合されていないのであまり関係ありませんが、特にアルコール・エタノールが成分に入っている場合は成分が気化してしまうのでスキンケアをしているあいだのフタの開けっ放しも極力避け、出来るだけ早くフタをするほうがいいですよ!