リプロスキンの成分にハイドロキノンは入ってる?シミ跡は効果なし?

リプロスキンの成分にハイドロキノンは入ってる?シミ跡は効果なし?

 

ニキビ跡は主に「へこみや陥没」「赤み」「色素沈着(シミ)」の3種類がありその中のシミ跡に効果を発揮すると言われているハイドロキノン(ヒドロキノン)という成分がありますがリプロスキンにも配合されているのでしょうか?

 

また、リプロスキンの安全性美白効果も気になったので調べてみました!

 

 

>>【関連記事】買う前に知っておきたい!リプロスキンのクレーター肌へ効果の分析記事はこちら

 

リプロスキンにはハイドロキノンが配合されているのか?

 

そもそも何が凄いの?ハイドロキノンの効果と副作用

 

アメリカでは「美白」といえばハイドロキノンが主流で、その効き目の強さから「肌の漂白剤」とも呼ばれているほどシミや色素沈着に対しての効果が強いことで有名です。

 

元々は美容皮膚科などの医療現場ではシミ治療や色素沈着の治療に用いられていましたが、その副作用の強さから市場で手に入れる事は出来ませんでした。

 

その後、2001年に日本の薬事法改正によって医療機関でしか手に入れられなかったハイドロキノンが一般市場でも流通し手軽に入手することが出来るようになりました。

 

 

家庭でも気軽に美白ケアやシミケアが出来るようになったので治療代を考えるとコスパもよく何より手軽なので嬉しい反面、

 

配合されている化粧品を使用するときに注意したいのは配合濃度と肌への副作用です。

 

一般的に販売されているハイドロキノンを配合した化粧品は日本の薬事法で定められた1%〜5%くらいまのでの配合濃度がのものがありますが

 

濃度が少ないとあまり効果が期待できなかったり、高濃度の化粧品は敏感肌の人でなくても肌のピリピリ感や赤み、かぶれなどの肌荒れを起こしてしまうというデメリットもあります。

 

ハイドロキノンが高濃度のほうがいいとは一概にはいえません!

 

  • 配合率1%〜3%
  • 比較肌への的刺激が少なく、一般的には安全性の高い配合濃度といわれています。その代わりシミや美白に対する効果や即効性が低くなると言われています。
    敏感肌や肌の弱い人にとっては、この濃度でも肌に刺激を感じる場合があるで注意が必要です。

     

    • 配合率4%〜5%

    1%〜3%に比べて配合濃度が高いため、ピリピリとした肌への刺激を感じる場合があります。
    比較的肌が強い人でも必ずパッチテストを行なって肌に合うかどうか事前に調べてから使用することをおすすめします。

     

     

    また、最近では個人輸入や輸入代行をしてくれるネットショップなどのおかげで外国製の化粧品を使うことも手軽購入できるようになりましたが、ハイドロキノンを配合した外国製の化粧品は日本の薬事法で定められている配合濃度が違うため肌の色がまだら状に白くなってしまう白斑という症状が出てきたりと副作用の危険性も問題になっています。

     

    【化学的見解】
    ハイドロキノンは何十年と使われてきた化学成分なので危険性は少ないという見解や、化学構造が「カネボウの美白化粧品による白斑事件」で問題となったロドデノールという成分と似ていることもあり危険性を未だに問題視する声もあります。

     

    ハイドロキノンが配合されているというのはメリットも大きい反面リスクも大きくなるので正しい知識や正しい使い方をすることが重要です。

     

    リプロスキンにはハイドロキノンが配合されているのか?

    リプロスキンにはハイドロキノンが配合されておらず、美白成分には「プラセンタエキス」などの天然成分が含まれており、ハイドロキノンが配合されているスキンケア商品に比べ肌に優しい成分で作られています。

     

    ハイドロキノンに比べると効果が薄くなるのが天然由来の成分のデメリットですがリプロスキンは独自技術で成分をナノ化し、肌への浸透を高めることでそのデメリットをカバーしています。

     

    また、パラベン・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料を使っていないため敏感肌の人でも使いやすいのも特徴です。

     

    リプロスキンの美白成分

    リプロスキンにはハイドロキノンほどの即効性のある成分は配合されていないものの、数種類の美白成分を肌に浸透しやすいように成分をナノサイズまで小さくして配合しています。

     

    水溶性プラセンタエキス(有効成分)

    動物の胎盤が由来の成分プラセンタには肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活発にする作用があるためシミの原因になるメラニン色素が沈着せず、美白効果につながると言われています。
    また、水溶性プラセンタエキス自体もメラニン生成抑制の化学的データがあります。

     

     

    ゼニアオイエキス

    ゼニアオイの花や葉から抽出して得られる自然派の植物エキス。
    肌をなめらかにする柔軟作用や肌やニキビの炎症を鎮める抗炎症作用のほかターンオーバーを促し肌質を改善させるための代謝促進作用にも優れています。

     

     

    ワルテリアインディカ葉エキス

    トウダイグサ科タカサゴコバンノキ属ヒメコバンノキから抽出して得られる天然派の植物エキス。
    シミの原因チロシナーゼにダイレクトに働きかけ、活性化を抑制することでシミや色素沈着の原因になるメラニンの生成を抑えてくれる美白成分です。

     

     

    リン酸3Na

    シミや色素沈着への効果が期待できると言われているビタミンC誘導体の一種。皮膚科でもシミ治療に使用されている成分なので信頼できる成分とも言えます。

     

     

    まとめ:リプロスキンが向いてる人、向いていない人

     

    リプロスキンの成分は保湿成分・抗炎症成分・美白成分が比較的バランスよく配合されていますが、特別美白にこだわった商品という訳ではないので

     

    元々の肌の色をトーンアップするというよりはニキビのあとに出来てしまったシミや色素沈着に対してのメラニン色素の生成を押さえる成分という印象です。

     

    地肌の美白やトーンアップを目的としてリプロスキンを使用しようと思っている人にはあまりお勧めできません

     

    ハイドロキノン配合の化粧品に抵抗のある人
    ニキビ後の肌荒れ・色素沈着やシミなどの肌トラブルがある人
    敏感肌でニキビあとのスキンケアに対して悩んでいる人

     

    これらに当てはまる人は悩みに対する使用目的とリプロスキンの配合成分が一致しているのでリプロスキンを試してみる価値はありそうです。

     

    【関連記事】リプロスキンの口コミの記事はこちら

     

    【関連記事】リプロスキンの成分の記事はこちら

     

    1分で分かるリプロスキンの動画
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓