リプロスキンはニキビ跡に効いたってホント?業界の裏事情も暴露!

リプロスキンはニキビ跡に効いたってホント?業界の裏事情も暴露!

リプロスキンはニキビ後のケア専門の導入型柔軟化粧水として男女問わず人気の化粧水です。

 

ニキビ跡といってもいくつかの種類があり、それぞれの悩みに対して本当に効くのかが気になりませんか?

 

 

この記事ではリプロスキンがニキビ跡にどのように効果が期待できるのかを成分独自技術の観点から検証し

 

購入する前に知っておきたいことや業界の裏事情の暴露話までまとめてみました!

 

 

ニキビ跡ケアに悩むあなたの参考になればうれしいです。

 

 

リプロスキンはニキビ跡に効果があるのか?

まずは自分のニキビの種類を知るべし!

 

ひと言でニキビ跡と言ってもいくつか種類があるって知っていますか?

 

自分のニキビ跡の種類を知ることは自分に合ったスキンケア化粧品を購入してニキビ跡を治すための第1歩でもあります。

 

ニキビ跡には

 

  • 赤み跡タイプ
  • 紫・茶色などの色素沈着(シミ)跡タイプ
  • クレーター(凹凸)跡タイプ

 

主にこの3つの種類に分かれています。

 

それぞれの特徴を知ることで自分に合ったスキンケアが出来るので一度ニキビ跡をよく観察し、自分がどのタイプに当てはまるのかを知ることが大事です。

 

赤みタイプ
ニキビによる炎症で肌にダメージが与えられてニキビの周りの肌が軽い炎症を起こしてしまっている状態です。

 

見た目が赤いので赤ニキビと間違われやすいので気付かずに放置されることが多く、自然治癒することもありますが

 

繰り返すニキビの炎症によってそのままニキビ跡が悪化してしまうこともあります。

 

色素沈着(シミ)タイプ
ニキビの炎症によって肌の内部にシミになってしまっている状態です。

 

また、この症状は炎症性色素沈着と呼ばれています。

 

しばらくすると肌のターンオーバーによって自然に消えることもありますが、きちんとケアをしなければ痕が残ってしまいます。

 

クレーター(凹凸)タイプ
ニキビの炎症が酷くなり、肌の真皮層まで傷ついてしまうことで皮膚が収縮・陥没したり、皮膚が盛り上がってできてしまうニキビ跡の事です。

 

皮膚表面が月面のクレーターようにデコボコしているので「クレーター」や「アクネスカー」と呼ばれています。

 

1度クレーター跡になってしまうと通常のターンオーバーが行えないので自然に治ることとはほとんどなく、市販の薬や化粧品を使っても治りにくいので

 

美容皮膚科やクリニックなどで専門の治療を受け、目立たなくするのが一般的な治療法です。

 

独自技術からみるリプロスキンのニキビ跡への効果

 

ニキビ跡の種類によって皮膚へのダメージが違います。それぞれのニキビ跡にリプロスキンは効果が期待できるのでしょうか?

 

それを知るにはニキビ跡のダメージが皮膚にどのくらい影響を及ぼしているのかを知ることが重要です。

 

赤みタイプの皮膚組織のイメージ

 

 

色素沈着タイプの皮膚組織のイメージ

 

 

クレーター(凸凹)タイプの組織イメージ

 

※クレータータイプのニキビ痕は他のタイプより皮膚へのダメージが深刻なため最も治りにくいと言われています。
リプロスキンがクレーター肌に効果があるのかは別記事でまとめました。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
【関連記事】リプロスキンはクレーター肌には効果なし?買う前に知るべき3つの事

 

 

ここで注目したいのは、この2つのニキビ跡は皮膚の角質層に及ぶダメージだということです。

 

 

リプロスキンは「ナノBテクノロジー3.0」という独自技術でダメージを受けてしまった角質層に成分を浸透させニキビ跡にアプローチするように開発されているそうです。

 

このナノBテクノロジー3.0には「ナノ化」と「ブースター」という役割があります。

 

「ナノBテクノロジー3.0」

 

ナノ乳化とは?
リプロスキンに配合されている成分を100ナノ以下という非常に小さな大きさにすることで肌の奥の角質層まで浸透させる技術

 

成分によっては1番小さいサイズだと10億分の1のサイズだそうです。
これは髪の毛の先に10万個の粒が置けるサイズなんだそうですよ!

 

ブースターとは?
肌の奥まで浸透しにくい水溶性の成分を肌なじみのいい油性の成分に結合させリプロスキンの成分を肌の奥まで浸透させることができる技術

 

 

本来の、どんなに高価な化粧品を使って丁寧にスキンケアをしても人間の肌の表面を覆う油性膜によって水溶性の成分はお肌に浸透していきません。

 

また、油性成分は比較的浸透しやすいですが、成分そのままのサイズではうまく肌の奥へと浸透しないそうです。

 

 

リプロスキンは独自の技術によって化粧品の弱点を補い、ニキビのあとに効果的な有効成分や美肌成分、保湿成分を取りこぼしのないように浸透させる技術を採用して作られているそうです。

 

 

先ほどのイメージ図からも分かるように、赤みや色素沈着(シミ)の状態になってしまったニキビ跡は角質層のダメージなので

 

リプロスキンの独自技術はダメージの補修・回復するための肌へのアプローチが出来るということになります。

 

 

成分は大丈夫?ここで効果があるのかが決まる!

 

リプロスキンの技術でダメージを受けた角質層までアプローチが出来ることが分かりましたが肝心の成分が良くなければニキビ跡に効果は得られませんよね。

 

ここではリプロスキンの成分がニキビのあとにどのような効果が期待できるのかを詳しくまとめてみます。

 

リプロスキンの有効成分

リプロスキンにはこれら2つの有効成分が配合されています。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

漢方の生薬「甘草」の根から抽出された成分。
皮膚の炎症を抑えニキビケアや肌荒れへの効果が期待されています。
ヘアケア・日焼け止め・化粧水、風邪薬など様々な製品でも使用される天然由来の成分。

 

 

ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F

 

豚の胎盤(プラセンタ)から抽出したエキス。
プラセンタ自体には美白、保湿、抗炎症作用、新陳代謝(ターンオーバー)を活性化させるなど、さまざまな美容効果があると言われています。

 

 

 

どちらの成分にも抗炎症作用があるので赤みタイプのニキビには効果的な印象です。

 

また、プラセンタエキスにはメラニン生成を抑制するという科学的なデータがあり肌のターンオーバー作用があるといわれているので

 

色素沈着やシミなどの回復を早めながら、同時に新たなニキビ跡を作らせない肌質の改善が期待できる成分です。

 

リプロスキンの美容成分

 

アーティーチョーク

 

アーティーチョーク葉エキスの成分である「シナロピクリン」には、ニキビなどの肌荒れを防いだり肌のハリや弾力をアップさせるなどの美容効果や美肌効果が期待できます。
最近では毛穴のトラブルやニキビの原因にアプローチする成分として美容業界でも大きく注目を浴び始めている成分です。

 

シュガースクワラン

 

サトウキビ由来の天然成分。
保湿効果が有名ですがバリア機能やアンチエイジングにも優れていています。

 

グリシルグリシン

 

肌のキメを整えて毛穴の開きを小さくするという効果を持つ成分。
毛穴の炎症を抑えると同時に高い保湿成分を持っていると言われています。

 

酵母エキス

 

美肌のビタミンと言われているビタミンB、肌の生成や保湿に欠かせないアミノ酸やミネラル類が豊富で、SK-2やドモホルンリンクルなどのアンチエイジング化粧品にもよく使われている成分です。
肌に美肌効果をもたらすと言われています。

 

ダイズエキス

ダイズエキスにはイソフラボン・サボニン・アミノ酸などが含まれた成分。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があることは有名ですが、肌への効果はコラーゲンやアミノ酸などの肌を形成するのに欠かせない成分の生成を促しハリや弾力を待たせる働きがあります。
また、抗酸化作用や保湿効果にも優れており、活性酸素を除去して肌に潤いを持たせる働きもあります。

 

そのほかにも美肌をサポートする成分が含まれているのでニキビを治すというイメージよりはニキビ跡への効果の高い成分を配合し尚且つ地肌力を高めニキビに負けない肌質の改善のために配合された成分といった印象です。

 

 

このことから、出来てしまったニキビを治すことを目的としている人にとってはリプロスキンだけでは若干物足りないかもしれませんが

 

ニキビあと特有の肌トラブルや肌質改善、ニキビが出来るのを予防したいという人には向いている成分だと言えます。

 

また、リプロスキンの成分は天然由来のものが多く、ハイドロキノンのようにニキビや色素沈着(シミ)に対して劇的に効果を感じるような成分は含まれていませんが

 

敏感肌の人やハイドロキノン配合の化粧品を使いたくない人にとっては比較的安心して肌に使える成分なのでおすすめです。

 

 

リプロスキンを購入する前に知っておきたい2つのこと

 

リプロスキンは長期的に使用するのがおすすめ

@コスメや知恵袋、ネットの掲示板のレビューを見ていると

 

 

「効果が出るまでに時間がかかる」

 

 

このように肌に変化を感じるまでに時間がかかったと書かれた口コミが多くみられました。

 

 

元々、先ほども出てきたハイドロキノンのように劇的な変化をもたらす成分とは違い天然成分独特の長く使うことでターンオーバーを促進し
次々に出来るニキビやニキビ跡を予防するイメージなのでニキビ跡のダメージによっては長期的の使用になるかもしれません。

 

また、リプロスキンに対して良い評価のレビューの中にも「値段が高い」という口コミがあったので
長く使いたい人はリプロスキンをより安く購入し費用を抑えるのが重要になります。

 

リプロスキンの口コミや最安値をまとめた記事はこちら
リプロスキンの口コミと最安値販売店の記事

 

リプロスキンはブースター(導入)化粧水としての使用もおすすめ

 

リプロスキンの独自技術の特性を活かし、その後のスキンケア化粧品のブースター(導入剤)としての使用がおすすめです。

 

手持ちの化粧水との併用でさらに効果を発揮することもあるのでリプロスキンを使用したあとにニキビケア専用のスキンケア商品を使用してリプロスキンだけでは足りない成分を補充したり、
保湿力の高い化粧水を使うことでニキビの原因でもある乾燥をさらに防ぐと効果的です。

 

また、リプロスキンは肌に浸透しやすい特性があるのでパラベン・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料が含まれていません。

 

 

添加物の多い化粧品を併用するのは本末転倒なので極力添加物が少なく、ニキビやニキビ跡のケアができる基礎化粧品との併用がおすすめです。

 

リプロスキンの公式サイトはこちら

 

最後に 「医者の言葉に騙されるな!」業界の裏事情を暴露

ここからは凄く個人的な見解と業界の暴露話です(笑)

 

運営者である私自身も大人になってから化粧で隠せないニキビやニキビ跡に悩まされ
リプロスキンだけでなく様々なニキビケア商品やニキビ跡に効果がありそうな化粧品を調べてきました。

 

また、うちの主人はアレルギー体質からくる頑固なクレーターニキビ肌で
夫婦揃ってニキビケアに良いと評判の化粧品をあれやこれや試したり分析サイトを読んでみたりしました。

 

 

リプロスキンの情報の備忘録としてこのサイトを作り同じ悩みを抱える人に向けて発信しているのですが
ニキビケア化粧品のことを色々調べていたら美容皮膚科のクリニックのサイトや現役ドクターのブログなどにたどり着きそこに書かれてある文章に驚愕してしまいました。

 

 

それは・・・・

 

 

「過度な謳い文句で消費者を騙している」

 

「市販薬や化粧品でニキビが治るなら美容皮膚科はいらない」

 

「美容や健康の悩みに対する商品はステマばかり」

 

「広告では曖昧な表現して効果ありとは書いていない」

 

 

そう断言し、お医者様という立場から医学的見解で成分を分析しその理由や根拠を綴ったものでした。

 

 

確かに、重度のニキビ跡やダメージの深いクレーター肌にはどんなに良い化粧品や市販薬でも手が付けられない状態の場合もあり、美容皮膚科やクリニックで治療をするほか改善しないこともあるのは事実です。

 

 

ですが、リプロスキンやオルビス、ビーグレンやプロアクティブなどの名だたるニキビケア商品をリサーチし

 

各会社が独自の技術を研究していたり、肌トラブルに配慮した成分を配合していたり、サンプル販売や返金保証、相談などのお問い合わせ受付のような購入者へのサポート体制を取るなどの企業努力を見ていると
ふとこんな事を思うようになりました。

 

 

「お医者さんは医者ではあっても科学者や開発者ではない」

 

 

確かに市販の化粧品では配合できる有効成分が限られており、効果があるという表現は薬事法で禁止されているので曖昧な表現のサイトや広告も多いですし
それによって効果があるかも分からず私のように購入を迷ったり、時には効果がなくて後悔することもありますが

 

医薬部外品や化粧品の成分でカバーしきれないニキビの悩みへのアプローチを最新の科学技術やサポート体制で出来る限り補っているんですよね。

 

 

実際に使用者の口コミやレビューサイトでも効果を感じた人は沢山いるのでクリニックやお医者さんが何と言おうと私は化粧品の力も信じています。

 

素人の個人的な見解と言われれば終わりですが
私のように自宅でスキンケアをしたり、治療よりもコストの押さえられる市販の商品で何とか悩みを解決したいと賛同してくれる消費者もいるはず。

 

 

そして業界の暴露になってしまいますが

 

市販薬や化粧品を医者という信頼度の高い立場から批判することで消費者を誘導し、儲かっているのはクリニックやお医者さんですよね?

 

 

もしかしたら市販の商品で解決できたかもしれないのに、クリニックや病院に誘導している時点で私は疑ってしまいます。

 

決して、お医者さんやクリニックを信じていない訳ではないですし、美容に関する知識を発信してくれて勉強になるのも事実です。

 

 

ですが、もし化粧品で騙されても救ってくれるのはお医者様ではなく消費者センターですからね。

 

怪しい悪徳業者の化粧品ならとっくの昔に潰れていると思うので、特に長く支持されている化粧品ブランドはある程度信用してもいいのでは?
そんな気持ちでこのサイトを見てくれた人と同じ消費者の立場として情報を共有すべく発信しています。

 

会社株式会社ピカイチ…設立2009年、リプロスキン発売…2012年
オルビス株式会社…創業1987年、薬用クリアシリーズ2015年
ビーグレンアメリカ本社…創業1994年、ビーグレン日本法人…2009年、ビーグレンcセラム…2009年
ザ・プロアクティブカンパニー設立2004年 マイルドリニューイングクレンザー2008年

 

 

なにより化粧品の最大の魅力は「使い続けて肌質を改善し悩みのない肌になれる」ということです。

 

クリニックでは今ある悩みを治療で完治出来ても肌質自体の改善をしてもらえる保証はないですからね(^^;)

 

 

いち個人の考えですが、私たち夫婦ようなニキビやニキビ跡を治すために悩む人にとって、選択肢のひとつになればと思っています。

 

クリニックや美容皮膚科を完全に否定するつもりもありませんし、より確実に早く完治を目指すなら治療をおすすめしますが、それだけが選択肢ではないこともあります。

 

(現に私の旦那はクレーター肌を色々な化粧品を試して出来る限り薄くし、地元で腕利きのケミカルピーリングに行かせましたが、1回の治療で治ることなくコストやスケジュールの関係上治療を断念し未だにクレーター肌と戦っています)

 

ニキビやニキビ跡に悩む人にとってこのサイトのような情報発信が力になれば嬉しいです。

 

 

【関連記事】リプロスキンの口コミが怪しい!