リプロスキンで乾燥する人は使い方が間違ってる?効果的な使い方とは

リプロスキンで乾燥する人は使い方が間違ってる?効果的な使用方法とは

 

 

リプロスキンを使っていて「肌が乾燥する」「保湿力が足りない」と使用を止めるのはもったいない?!

 

保湿成分からみるリプロスキンの保湿力
乾燥しないための効果的な使い方

 

リプロスキンを購入したけどお肌の乾燥が気になった人や元々乾燥肌だけどリプロスキンを使ってみようかな?と購入を検討している人にも読んでもらいたいことをまとめてみました!

 

 

肌トラブルに合う前に知っておきたい保湿成分からみるリプロスキンの保湿力

 

リプロスキンはもともとニキビの後のスキンケアにアプローチした化粧品ですが、肌の炎症を抑える成分だけでなく美肌効果のための成分や保湿のための成分も配合されています。

 

 

<全成分>
【有効成分】
ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、 グリチルリチン酸ジカリウム

 

【その他成分】
グリシルグリシン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、シュガースクワラン、N-ラウロイルサルコシンイソプロピル、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、コラーゲン・トリペプチドF、加水分解ヒアルロン酸、D-マンニット、ホエイ(2)、グルコン酸ナトリウム、コメヌカエキス、酵母エキス(3)、海藻エキス(1)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水溶性コラーゲン(F)、ゼニアオイエキス、アマチャヅルエキス、アロエエキス(2)、デキストリン、ワルテリアインディカ葉エキス、ダイズエキス、アーティチョークエキス、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、フェルラ酸、フェノキシエタノール、香料

 

こうやって見てみると、かなりたくさん成分が入っていますが肝心の保湿成分はどれくらい配合されているのでしょうか?

 

この全成分の中から保湿に優れている成分を配合量の順でピックアップしてみました。

 

 

  • 【有効成分:ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F】

豚の胎盤(プラセンタ)から抽出したエキス。
プラセンタには美肌のための効果が期待されていますが、その中には保湿効果も含まれています。

 

ただ、リプロスキンにおいては有効成分として別に表記されているため、一体どれくらいの割合で配合されているのかは正直謎です・・・・

 

  • 【1,3-ブチレングリコール】

保湿剤としてよく見かける成分と言えば、グリセリン、BG、DPGと言えるほどメジャーな保湿成分のひとつ。
グリセリンに比べると多少劣りますが水分を吸収する働きがあり、ベタつきも少なくさっぱりした使用感で肌に対する刺激もほとんどないので、乾燥から肌を守る目的の化粧品に水性保湿剤として配合されています。

 

  • 【濃グリセリン】

グリセリン自体は昔から使われてきた代表的な保湿剤です。
化粧品に使われている一般的なグリセリン(成分表示名「グリセリン」)の濃度は85%前後なのに対し濃度が95%以上のものを濃グリセリンと呼びます。
濃度は高くても粘着性以外の特性を除くと通常のグリセリンと同様の性質です。

 

吸湿性が高いことから保湿効果を目的として配合されています。

 

一方でグリセリン単体だけでは吸湿性の特徴上、肌の水分量や空気中の乾燥に影響を受けやすく、乾燥や肌トラブルの原因にもなりますが、ヒアルロン酸ナトリウムを組み合わせることによって乾燥を防ぎ保湿をするという効果が期待できます。
リプロスキンにはヒアルロン酸ナトリウムが含まれているのであまり心配はなさそうです。

 

  • 【シュガースクワラン】

サトウキビ由来の天然成分。
様々な美容効果が期待されていていますが中でも保湿効果が有名です。

 

  • 【ヒアルロン酸ナトリウム(2)】

もともと人間の皮膚内にあり、水分保持効果を持つ成分です。
化粧品に配合すると、肌表面に皮膜をつくり、乾燥などから肌を守る成分として働きます。

 

前途の通り濃グリセリンのサポート&相乗効果が期待できる成分です。

 

  • 【ホエイ(2)】

別名 乳清。ホエイに含まれている成分「α-ヒドロキシ酸」には乳酸・各種のアミノ酸・ペプチド、乳糖などが多く含まれていて、保湿性が高いのが特徴です。
ドライスキン、角化症といった皮膚疾患にも有効とされています。

 

  • 【コメヌカエキス】

昔から米ぬかには健康や美容に取り入れられてきましたが、最近では化粧品の成分としても配合されるようになりました。
20種類以上のセラミドがバランスよく含まれ、保湿効果が期待できる成分。

 

  • 【酵母エキス(3)】

アンチエイジング化粧品で有名なSK-2やドモホルンリンクルなどにもよく使われている成分で、美肌のビタミンと言われているビタミンB、肌の生成や保湿に欠かせないアミノ酸やミネラル類が豊富です。

 

  • 【コメヌカスフィンゴ糖脂質】

コメヌカより抽出精製された植物性のスフィンゴ糖脂質。
コメヌカより抽出されたスフィンゴ糖脂質は通称「米セラミド」と呼ばれています。

 

セラミドと同等の水分保持効果があり、植物性スフィンゴ糖脂質の中でもコメヌカスフィンゴ糖脂質の水分保持率は特に高いです。

 

  • 【水溶性コラーゲン(F)】

コラーゲン自体は水に溶けにくく丈夫な性質でできています。
水溶性コラーゲンは、粘りの強さから水分を保つという働きが優れていますが、肌への浸透は低分子コラーゲンよりは劣るのであまり期待はしない方がいいかも・・・

 

  • 【アマチャヅルエキス】

アマチャヅルは中国では七葉胆(しちようたん)という名で昔から薬草として使用され健康茶としても利用されています。
化粧品としての特徴は、細胞内のアクアポリン(水の通り道)の産生を促し、細胞内部に水をめぐらせ、うるおいのある肌へ導くと共に地肌力を回復させる効果も期待できます。

 

  • 【アロエエキス(2)】

アロエから抽出された成分。抗炎症作用の他に保湿効果があり、優れた保湿力が期待できます。ニキビ予防や美白などにも効果があると言われています。

 

  • 【デキストリン】

他の保湿成分と組み合わせることで保湿効果出せるという特徴もありますが、この成分自体にはそこまで期待しない方が良さそうです。
保湿成分との相性はいいので相乗効果に期待する成分。

 

  • 【ダイズエキス】

イソフラボン・サボニン・アミノ酸などが含まれた植物性の成分。
抗酸化作用や保湿効果にも優れており、活性酸素を除去して肌に潤いを持たせる働きもあります。

 

  • 【水素添加卵黄レシチン】

レシチンには肌になじみやすく、セラミドと同様の構造を形成する性質を持っているので優れた保湿効果や保護力があります。

 

セラミドの まめ知識
セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の間でスポンジのように水分や油分を抱え逃げないように保持したり、肌をなめらかに整え、肌本来のバリア機能を正常に保つなど保湿にとって重要な役割を持っています。

 

若くて健康な人の肌にはセラミドがたくさん含まれており、みずみずしくしっとりしています。
ですが、気候や環境の変化、加齢などによってセラミドの量はどんどん減ってき、お肌にうるおいがなくなり乾燥した状態のドライスキンやインナードライになってしまい肌トラブルを起こしてしまいます。

 

こうやって並べてみると15成分くらい保湿に関する成分が出てきました。

 

保湿成分には天然性のものも多く、即効性や有効性は否めませんが、元々リプロスキン自体が高保湿を謳った商品ではないので、その点を踏まえると保湿性や保湿成分は申し分なさそうですね。

 

ただ、保湿をすると言っても「肌の水分量を高める」という意味と、「水分を逃げないようにする」という2種類の意味があるので

 

リプロスキンは「肌の水分量を高める」に特化した化粧品なのかな?という印象です。

 

「水分を逃げないように保湿したい」という人にとってはリプロスキンだけでは物足りないかもしれませんがインナードライや肌の乾燥によるニキビに悩む人には効果が期待できそうです。

 

また、さっぱりとしたテクスチャなので体感的に保湿が心配になる人もいますが、逆に言えば脂性肌の人にとっては使いやすい化粧水でもあります。

 

 

乾燥しないためのリプロスキンの効果的な使い方

 

リプロスキンを使用して乾燥を感じる人はその後のスキンケアを見直すことでリプロスキンを効果的に使うことが出来ます。

 

リプロスキンの独自技術「ナノBテクノロジー3.0」は成分の浸透力を高めるという技術なので、その特性を活かしてブースター化粧水として使用するのがオススメです。

 

リプロスキンで乾燥しないための効果的な使い方
  1. 洗顔後、リプロスキンで肌の内部まで成分を届かせ保湿する
  2. 手持ちの保湿に優れた化粧水で肌表面の突っ張りを減らす
  3. 化粧水のあとは乳液・美容液・クリームなどで肌の水分を逃がさないようにフタをする

 

化粧水は肌と同じくらいの温度の方が肌に浸透しやすくなるので、リプロスキンを使う時は肌になじませる前に手のひらで温めて使うと浸透率がUPし効果的です。
その時に手のひらで長時間温めすぎるとリプロスキンの成分が手のひらに浸透してしまうので素早く行うのがコツです。

 

 

また、その後のスキンケアの浸透を更に高めるため、出来るだけぬるま湯で毛穴を開かせて洗顔するのもポイントです。

 

その時、クレンジングや洗顔で肌や毛穴の汚れをしっかり落していなければ肌トラブルの原因につながるのでやさしくしっかり汚れを落としましょう。

 

まとめ:ニキビも乾燥も改善したい人へ

 

何よりニキビの原因の一つは乾燥やインナードライです。

リプロスキンを使って「肌が乾燥する」と感じた人も、購入を検討している乾燥肌の人も、リプロスキンの化粧水だけで化粧水のお手入れを終わらせず、いつものスキンケアのプラスしてリプロスキンを使うという使用方法で乾燥の悩みが解決するかもしれません。

 

 

【関連記事】 リプロスキン使用量と保存方法